スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
one knight show
2009-08-17 Mon 00:39
廃村の中を黒塗りのセダンが走り…一つだけ明かりの付いている建物の前で止まる。
その中から既に待機していた人間にドアを開けられ助手席に乗っていた男が出てくる。男にマシンガンを持った男が近づき。
「頭首様、ビルの周りは完全に塞ぎました。後は頭首が号令を」
「ん…」
そう言って黒夜家頭首、黒夜・志貴が返事をし、目の前の建物を仰ぎ見る。

※追記には一部アンオフィシャルな描写が書かれます。苦手な方は読まない事をお勧めします。
現在黒夜は二小隊を率いて廃村にあるビルを包囲していた。
―曰く、禁書に分類される書物があるという情報を得たうえで
―曰く、書物は見えざる狂気に侵された人間達が持っている
―曰く、書物の一部は分析が完了しているらしい
―曰く、既にその力を持って、ゴーストを少数操っているらしい
―故に、極秘裏に書物の回収、狂気の殲滅が下された

「……一斑、二班」
返事の代わりに一、二班…正面を塞ぐ部隊…がライフルを構えるチャキ、と言う返事を返す。
「…一歩さがれ」
「は?」
間延びした声が聞こえた直後
ガラスを砕く音と共に…
ヒトガ、フッテキタ
上の階から降ってきた人間はそのまま、さっきまで黒夜が乗ってきた車に直撃、屋根を凹ませる
慌てふためく部隊をよそに黒夜は唯一言…
「仕事はハンティングに変更だな」
と呟いた…




人が降ってきたビルの中、アサルトライフルを持ったゴスロリ衣装を着た女のk「作者さん何か言った?」

―…いや、かわいい笑顔で銃口をこっちに向けないで?…

男子と、厳重なジュラルミンケースを抱えた短パン姿の男の娘が「いや作者さん俺も男子だよ?!何その女の子みたいなの!? 」

―…君たち本文に突っ込みすぎ

「当然でしょ(だヨ)」……男子がいた

「ねぇ黒傘!!明らかに人だよ人!!ゴーストじゃないって!!」
「ひさめんなんか言った?聞こえなかったヨ」
「いや、だからあれ人だよね!!ゴーストじゃないよね!?」
「……サボテンの花が、咲いている」
「頼むからそこはもっとマシな回答をしてよ!!」
「む、ボクのボケがつまらないと?」
「いや、まじめに解答してよ」
「あれ、見えざる狂気に感染してるヨ」
「けどさ!!」
「むりだよ」
言いながら黒傘・やみぴは引き金を引き続ける。この地獄から書物を持って抜け出すために…




消えたビルの光の代わりに
パパパ、と一瞬ではあるが連続的に発生する光と
ガガガ、と光と呼応するかの如く聞こえる炸裂音
其れが段々と右にずれ、窓のない場所に移動したのか光が消える。
その代わりに音が段々と上からではなく、下へ下へ…自分たちがいる階…地上と平行になる
そこで音が途切れる。突如訪れる沈黙…
沈黙を破ったのは
「お前ら、伏せろ」
流石と言うべきか、正面に回っている1、2班は扉から退避、車の後ろに隠れてる奴らもいる。
その直後、ビルの扉が微かに開く、漆黒の中からすっ、と表れたのは
黒光りのする…銃口。
銃口が差し出されると同時に黒夜が後ろ腰にしまっていたハンドガン二丁に手を掛ける。
銃口の奥、ハンマーと接続されたトリガーに銃の主が指を掛ける。
ハンドガンを構え、狙いを扉の奥に向け、撃つ。
ライフルからも鉛玉の応酬が来る。隠れているため狙いは雑ではあるが乱射する。黒夜が回避行動に出るために一瞬銃撃が止まる。その瞬間にバァン、と扉を叩き付けるようにして開かれる。
黒傘と黒夜、一瞬目が合う。互いの銃撃が一瞬止まる…が、次の瞬間にはハンドガンの銃口が一瞬光る。其れに応えるかのごとくアサルトライフルも火を噴く。次第に火力に負け、黒夜がボンネットを飛び越え車を盾にする。その間に黒傘が車に向かって掃射しつつ移動、東郷も続き建物からも、黒夜達からも離れる。黒傘がライフルを一通り撃ち終わってから楽しげに笑い。
「やるぅ、なかなかだネ」
「ありがとうよ、お譲ちゃん」
「お譲ちゃんだなんて酷いねぇ…残念だけど時間がないんだヨ、また今度ネ!!」

言いながら二つの靴音が遠ざかって行き、完全に聞こえなくなってから。
「全くホッとする……被害状況知らせ」
「けが人、死者共に無し」
「…上等、1並びに2班は作戦通り内部突入、生き残りがいないことを確認しろ。良いな、此処に見えざる狂気に侵された生存者は誰もいなかった。そういう状態にしろ」
「了解」
1班の人間からレシーバーを受け取る
「3班以下、第1小隊は逃げた狐を路地裏に誘導。水門を一つに絞れ」
「第2小隊、目標発見できたか?」
「……こちら大通り中央地点。目標1、並びに2を補足」
「OK、第1小隊4班、奴らの目の前に回り、東側に動かせ、間違っても仕留めようとは思うな。奴らは「俺と」御同類だ」
「っ!?…了解」
一瞬第1小隊1班、2班、それとレシーバー越しに4班の人間が息を飲むのを感じた…それはそうか…能力者相手では分が悪い。
夜空を仰ぎ見る…今は曇って何も見えない
「さて…どっちがハントされるのか…」
スポンサーサイト
別窓 | ss | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<【連絡】更新履歴【08/17更新】 | 黒い日記 | 【バトン】指定型学園生活バトン【白霄院・東郷】>>
この記事のコメント
俺…もうちょっと喋り方男らしいですよ…(汗

背後:…って、氷雨のツッコむ事そこなんだ。ああ、あともう少し気持ち控えめな喋り方かな?あ、あと、やみぴと黒やんのやり取りの台詞に誤字はっけーんっ☆正しくは「お嬢さん」、だぞっ♪

2009-08-17 Mon 21:06 | URL | 東郷氷雨 #-[ 内容変更] | top↑
控え目じゃないのはあれだ、銃撃戦中なので大声じゃないと聞こえないかもという危惧。黒傘が通常なのは…気にしない(ぁ
誤字了解。確認の上で修正する。
…アニメ版だと「お譲ちゃん」だったし、そっちの方が(黒夜と黒傘の年齢的にも)あってるので現状維持で
2009-08-17 Mon 22:05 | URL | 黒夜 #Tf36UXtM[ 内容変更] | top↑
をお
盛り上がっているネェ…
なかなかに暑い展開になりそうさね…
続編に期待!
ちなみに、名前は気にするべからず…(ずずずず…
2009-08-20 Thu 23:04 | URL | やみぴ・OG-s #38q3EPAk[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 黒い日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。